うなぎにみえます?

「うなぎ」の姿焼きです
「白焼き」もできます。
こちらの「うなぎ」は
養殖で有名な吉田から仕入れています。

最近スーパーに行くと
春の「土用のうなぎ御予約受け付けております」
なんて 良く耳にします。
「土用のうなぎ」って夏にスタミナをつける為に
食べるのかな?って思っていたので
どういうことかなぁと調べてみましたら
そもそも
平賀源内(江戸末期の多才な天才)が
営業不振のうなぎ屋のご主人から頼まれ
「本日、土用丑の日」と言う
宣伝文句を店の前に張り出し繁盛したのが
[土用の丑のうなぎ」の始まりとされているそうです。
夏の土用の18日間は
夏バテを防ぎ精力つけるために
土用餅というあんころ餅、
土用シジミ、土用卵、と精力のつく食べ物を
食べる習慣がありました。
また、丑の日には「う」のつく食べ物
(うどん、梅干し)など食べると
体に良いと言う言い伝えもあります。
うなぎが 夏に特に美味しいというわけではないのですが
日本人には 源内のキャッチコピーが
浸透しているんですね。
そして 今は企業の宣伝効果で
春も土用の丑で、うなぎを売っているんですね。

 

 

 

Follow me!