色が鮮やかですね

  

美味しそうなマグロが入りました。
「本マグロ」

ピンク色がとても鮮やかで美味しそうです。
一人前1,000円(税抜き)

現在は、日本人がマグロと言えば生で食べるイメージが強いですが、江戸時代にはもっぱら塩を振って焼いて食べていたそうです。
江戸末期になる頃は、寿司が流行ったこともあってだんだん生で食べられるようになり、商売の主流は塩マグロからすきみなど刺身になっていったそうですよ。
マグロの大半は赤身であり江戸時代は赤身が大変人気があったそうです。
マグロの赤身は、イノシン酸、アラニン、タウリン、ヒスチジンが入っておりうまみと甘味、コクがあり食べた時何とも言えない美味しさがあります。
焼いても煮ても美味しいマグロですが、ぜひ寿司と刺身を味わって下さい。

にぎり1貫200円(税抜き)

Follow me!