さっぱり

今日は「コノシロ」です。

体長10センチくらいのこの魚、ブリとは大きさが違いますが一応出世魚!!
ジャコ・シンコ⇒コハダ⇒コノシロと 大きさで変わっていきます。
地方名などは、ツナシ・ドロクイなど沢山ありすぎて紹介するのが大変です。
コノシロは、いろいろな言い伝えがあり話題に事欠かない魚です。
「コノシロ」は、「この城を食べる」事に通じるとして武士に嫌われたりしていますが一方では
キツネがこの魚を好むのでキツネ神には必ずこれを供えるといいと言われたりしています。
内湾や河口域でよく見られるこの魚は さかなへんに祭りと書いて(コノシロ)と読み岡山では秋祭りに欠かせな魚、ある地方ではお供え物にするなど大昔からいろいろな人に関わってきた魚なのですね。
「コノシロ」のにぎりは江戸前寿司の定番中の定番!!
素材の味が楽しめるように軽く酢で締めてあります。
さっぱりといただいて下さい。

Follow me!