垂れ目に見えますね


「かさご」何とも愛くるしいお顔をしています。

泳いでいるときはトゲトゲしく
ちょっと怖いのに・・・
「カサゴ」は地方によって呼び名が
いろいろあり
九州地方では「アラカブ」「ホゴ」
神奈川では「カオアラワズ」なんて
呼んだりするらしいのですが
どの名も 体の色、大きな頭部、
とげ状の突起物など 体つきからつけられているそうです。
語源は 「汚い」とか「醜い」とか
体の色は 岩場の色
身を守るための保護色になっています。
そして 頭部が大きいのは
餌を 確実にとらえるため。
「カサゴ」生き延びるために
進化したんですね。
お刺身は 淡白ながら
コリコリと身が引き締まっており
噛むほどのあまさもあります。

今日は、他にも
金目やボラなどのお寿司も
おススメです。

Follow me!