寿司屋の味

新年明けたかと思えば
もう2月になりますね
いつも 早い早いと言いながら
あっという間に 年をとってしまいますね。
さて 2月3日が近づいてきているので
恵方巻きの準備!
中の具に欠かせないのが「かんぴょう」
かんぴょうは厄払いのお供え物でもあり
縁起のいい食べ物です。
かんぴょうは 「ふくべ」(ウリ科)の果実を紐状に剥いて
乾燥させた物です。
煮るときは,水に浸したしたのちに


一握りの塩でよくもみ洗いしてから
水洗いをし 塩気を洗い落として
柔らかくなるまで茹でます。

後は柔らかくなるまでひたすら茹でます。
茹であがりのタイミングは
爪が軽く通る程度です。

次は力仕事
ギュッギュッとかたく絞って
水分を出来るだけ取り除いた後に
味付けをします。
コツは、醤油を二度に分けて入れること
甘味を先につけることによって
バランスのいい味になります。

かんぴょうは、ごぼうよりも食物繊維を多く含み、
便秘解消や腸内コレステロールの除去など、
デトックス効果が期待できます。
さらに、カルシウム・カリウム・リン・
鉄などのミネラル分が多く含まれているので、
栄養たっぷりな食品です。

Follow me!