またまた 夏の一本

「大那」(だいな)と読みます。
特別純米です。
栃木県 菊の里酒造さんの 有名なお酒
栃木はあまりお酒のイメージがないけど
(あくまでも私のイメージ)
川が いくつか流れていて
あちこちで 清水や湧き水があり
お酒造りに 適しているんですね。

お味はと言いますと
やはり 夏向き!
少々辛口で食中に合うように
作られています。

皆さんは
日本酒を飲むときに提唱される
「和らぎの水」を ご存じでしょうか?
これは、日本酒と共に水を差す。
ウイスキーや焼酎にチェイサーを添えるように
日本酒にも 「和らぎの水」を添えて
体内のアルコール濃度を調整し
お料理を美味しく食べるために
用意される水です。

水を飲むことによって
口の中が洗われて
次に口にするお料理や
アルコールの味が 鮮明に感じるようになるんですね
蔵元さんが 心を込めて造った日本酒を
より 美味しくいただけたら
いいですね。

今日も、まぐろ、生で美味しいのが入ってますよ。

Follow me!